2017-10-11

アメリカ西海岸のロースター「スタンプタウン」のコーヒーを日本で飲める幸せ。

STUMOTOWN COFFEE

ワインとコーヒーには、様々な共通点を感じる。なんて理由をつけて日々コーヒーの探求に余念が無いのですが、そんな私のお気に入りのひとつが、

STUMPTOWN COFFEE ROASTERS(スタンプタウン コーヒー ロースターズ)

日本で買えるコーヒー豆ではあるのですが、実はこのロースターの本拠地は、アメリカ合衆国オレゴン州ポートランド。いわゆるサードウェーブコーヒーにカテゴライズされるロースターです。

アメリカ西海岸のロースターのコーヒー豆が日本でも買えるというのが、いかにも現代的だなと思うのですが、実際このスタンプタウンのコーヒー豆は、東京の代々木上原にあるPADDLERS COFFEE(パドラーズ コーヒー)で購入することができます。

もちろん購入だけではなく、パドラーズ コーヒーでは、ポートランドから直輸入された新鮮なスタンプタウンのコーヒーを様々なスタイルで飲むこともでき、落ち着いた空間のなか、ほっと一息つきながらコーヒーを楽しめます。

そんなスタンプタウンのコーヒー豆をちょくちょく購入し、週末の朝の楽しみである1杯のコーヒーを楽しんでいるのですが、わが家ではもっぱらエアロプレスによる抽出が定番です。

スタンプタウンのコーヒーは、サードウェーブ系のなかでもひときわフルーティーで軽快な味わいの印象で、香ばしさというよりはむしろフルーツそのものやハーブなどのいきいきとしたフレーバーが特徴です。ある程度の酸味も感じられ、一般的なハンドドリップでの抽出だと軽く感じることも。

ということで、圧力をかけて一気に抽出するエアロプレスで旨味をぎゅっと引き出して、軽快な中にもまろやかな旨味を感じる仕上がりにするのがお気に入り。

こうして抽出されたコーヒーは、自然派ワインのようにすっと身体に染み込んでいくような、負担の少ない飲み心地になります。

毎日2-3杯はコーヒーを飲みたい私には、この飲み心地の良さがありがたいのです。

ETHIOPIA MORDECOFE

STUMPTOWN COFFE ROASTERS / ETHIOPIA MORDECOFE

すっきりとした飲み口。淡い色調の花や果実が小さなフルーツを想起させる可愛らしい風味。柔らかくて軽快な飲み心地で、ストレスなく飲み進めていける。

2017-10-11 | Posted in CAFENo Comments »