2018-04-28

Dard & Ribo / Saint-Joseph Rouge 2013

Saint Joseph Rouge 2013

ダール&リボ / サン ジョセフ ルージュ 2013

若い頃はドラッグをキメて、尖ったロックをやっていたアーティストも、キャリアを重ねていくとアコースティック・ライヴとかやったりしちゃう。かくいう私もハードロックやヘビメタ好きだったけど、最近はめっきりジャズやクラシックが心地よくなりつつあったり。

ドメーヌに世代交代や継承がなく、同一の造り手が造り続けているという意味では、なかなか興味深い例のダール&リボ。ロックな時代とアンプラグドな時代の境界が15年ほど前にあったと思うけど、その瞬間に立ち会えて、両時代の良さを知れた幸運には感謝。

2013年のサン ジョセフ ルージュは、酸がしなやかでたたずまいの凛とした女性的なイメージ。シラーという同じ言葉でもステレオタイプな捉え方をする場合では、言語が違う感じ。もちろんそれが良いとか悪いとかないのだけれど。

2018-04-28 | Posted in WINE - France Côtes du RhôneNo Comments »